話し合い

女性特有の病気

ガンを発症させている人の多くは、免疫細胞の力が著しく低下しています。免疫細胞治療で、元の力を取り戻してみませんか?

笑顔な医者達

女性と男性では身体の作りが大きく異なってきます。特に一番異なってくる部分は生殖器という部分です。生殖器は男女がそれぞれ生殖行為を行なうためにできているものであり、男性は精子を出すため、そして女性は子供を生むことができるために、全く異なった形をしています。その中でも女性の場合は月経などがあるため複雑に作られています。その際にはホルモンバランスの乱れなども起きてしまうので、体調不良が起こることがあります。

女性には女性にしからならない特有の病気などがあります。その中にひとつに子宮内膜症があります。子宮内膜症は名前に「子宮」という言葉が入っているように、子宮におきてしまう症状の一つです。ホルモンの乱れや月経がなどが原因だと考えられていますが、具体的な原因はまだ解明されていないのです。そのため、治療の方法にしてもきちんと確立されておらず、曖昧なものとなっています。しかし、治療が全く効果がないというわけではありません。病院での治療や漢方治療などのような方法がありますが、それらで子宮内膜症が治ったという人もいます。もちろん、改善されるかどうかは個人差があります。しかし、いくつかの改善方法があるということは事実なので、病院の医師や漢方薬局とカウンセリングを行ない、症状としっかり向き合うことが大切になってきます。また、その際には処方する薬にも注目すべきです。漢方薬や鎮痛剤、ホルモン剤などにも種類があるので、相談をして危険を伴わない方法を選ぶと良いでしょう。

女性に多い病気

漢方

女性は子宮内膜症という病気にかかります。これは原因が不明だと言われていますが、漢方薬で改善することができます。漢方薬を手に入れる際には、中医師免許をもっている漢方薬局を探すと良いです。

» 詳しくはコチラ

種類とカウンセリング

看護婦

子宮内膜症を改善するのでしたら、漢方薬の種類もしっかり選びましょう。煎じ薬が良いとされています。また、カウンセリングを行なっている漢方薬局もあり、より症状と向き合ってくれます。

» 詳しくはコチラ

鎮痛剤とホルモン療法

漢方薬

漢方ではなくても、ドラッグストアなどで販売されている鎮痛剤で子宮内膜症の症状を和らげることができます。また、ホルモン療法を行なうことで改善させることもできます。

» 詳しくはコチラ